ユーザ用ツール

サイト用ツール


jp:hdt:hdt-201a

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
jp:hdt:hdt-201a [2015/10/26 18:24]
wiki_editor [実例]
jp:hdt:hdt-201a [2015/10/26 18:29] (現在)
wiki_editor [特徴]
ライン 11: ライン 11:
  ​HDT-201Aの外観\\  ​HDT-201Aの外観\\
 \\ \\
-旧製品:HDT-101Aと同様、完全ハードウェアロジックによるリアルタイム計測機能を継承していながらも、新たに設計されたハードウェアロジックにより、SATA-2仕様に対応したほか、Excel/​VBAと連携した柔軟な検査スクリプト実行/ロギング機能を実しました。\\+旧製品:HDT-101Aと同様、完全ハードウェアロジックによるリアルタイム計測機能を継承していながらも、新たに設計されたハードウェアロジックにより、SATA-2仕様に対応しました。\\ 
 +た、Excel/​VBAと連携した柔軟な検査スクリプト実行/ロギング機能を実装ており、検査の自動化・カスタマイズに対応しました。\\
 \\ \\
-高速化するSATA/PATA ​HDDの記録再生性能を完全に計測できるほか、SSD記録再生性能などの挙動も把握することが可能です。\\+高速化するSATA HDDの記録再生性能を計測できるほか、SSD記録再生性能などの挙動も把握することが可能です。\\
  
 ■ 特徴\\ ■ 特徴\\
 ・完全ハードウェアロジックSATA2 HDDコントローラ搭載(1.5Gbps/​3.0Gbps対応).\\ ・完全ハードウェアロジックSATA2 HDDコントローラ搭載(1.5Gbps/​3.0Gbps対応).\\
 ・高精度リアルタイムレスポンスモニタ及びプロファイル表示が可能.\\ ・高精度リアルタイムレスポンスモニタ及びプロファイル表示が可能.\\
-・従来型HDDアクセス性能(転送性能)をMin/​Max表示.\\+・従来型HDDアクセス性能(転送性能)をMin/​Max表示可能.\\
 ・振動・衝撃試験でのアクセス応答特性も計測可能.\\ ・振動・衝撃試験でのアクセス応答特性も計測可能.\\
-・Webクエリ機能Excel/​VBAと連携し、特定の場所を繰返し検査するなどの検査シーケンスのカスタマイズが可能.\\+制御用PCのWebクエリ機能Excel/​VBAと連携し、特定の場所を繰返し検査するなどの検査シーケンスのカスタマイズ、検査の自動化に対応.\\
 ・SMART情報、及びSMARTエラーログ表示機能.\\ ・SMART情報、及びSMARTエラーログ表示機能.\\
 ・損傷の進んだHDDにも対応可能.\\ ・損傷の進んだHDDにも対応可能.\\
jp/hdt/hdt-201a.txt · 最終更新: 2015/10/26 18:29 by wiki_editor

ページ用ツール