ユーザ用ツール

サイト用ツール


jp:hdt:misc

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
jp:hdt:misc [2015/10/21 14:00]
wiki_editor [2. Hard Drive Reliability Update – Sep 2014, Backblaze Blogから]
jp:hdt:misc [2015/11/10 21:00] (現在)
wiki_editor
ライン 18: ライン 18:
  
 振動がHDDに与える影響は、転送性能性能、応答時間分布特性、リアルタイムモニタで把握できます。ここでは、稼働環境の違い(防振対策の有無)を比較してみます。\\ 振動がHDDに与える影響は、転送性能性能、応答時間分布特性、リアルタイムモニタで把握できます。ここでは、稼働環境の違い(防振対策の有無)を比較してみます。\\
-次に掲げるグラフのうち、図は振動対策を施さない状態、図は振動対策を施した状態での計測結果です。\\+次に掲げるグラフのうち、図は振動対策を施さない状態、図は振動対策を施した状態での計測結果です。\\
 両図を比較すると、転送性能特性と応答時間分布特性では書込み(青色のグラフ)は振動の影響を受けたことによる性能の低下が確認できます。また、応答時間分布特性によって振動対策の効果を定量的に把握することが可能です。 両図を比較すると、転送性能特性と応答時間分布特性では書込み(青色のグラフ)は振動の影響を受けたことによる性能の低下が確認できます。また、応答時間分布特性によって振動対策の効果を定量的に把握することが可能です。
  
ライン 29: ライン 29:
 **応答時間分布特性**\\ **応答時間分布特性**\\
 下の応答時間分布特性では防振対策の有無によってヒストグラムの分布に違いが見られます。\\ 下の応答時間分布特性では防振対策の有無によってヒストグラムの分布に違いが見られます。\\
-次の2つのグラフに於いて、図は振動対策を施さない状態、図は振動対策を施した状態での検査結果です。\\+次の2つのグラフに於いて、図は振動対策を施さない状態、図は振動対策を施した状態での検査結果です。\\
 {{:​jp:​hdt:​vib-no_absorb-profile.png?​direct&​300|profile-no_absorber}}{{:​jp:​hdt:​vib-absorb-profile.png?​direct&​300|profile-absorber}}\\ {{:​jp:​hdt:​vib-no_absorb-profile.png?​direct&​300|profile-no_absorber}}{{:​jp:​hdt:​vib-absorb-profile.png?​direct&​300|profile-absorber}}\\
  
-図の防振対策を施していない場合は応答時間が長い領域(20mS以上の領域)に分布が多く、振動の影響をより受けていることが分かります。\\+図の防振対策を施していない場合は応答時間が長い領域(20mS以上の領域)に分布が多く、振動の影響をより受けていることが分かります。\\
  
 **リアルタイムモニタ**\\ **リアルタイムモニタ**\\
jp/hdt/misc.txt · 最終更新: 2015/11/10 21:00 by wiki_editor

ページ用ツール