ユーザ用ツール

サイト用ツール


jp:hdt:test-script

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
jp:hdt:test-script [2015/10/28 17:08]
wiki_editor [2. 繰返し検査用サンプル]
jp:hdt:test-script [2015/12/03 15:37] (現在)
wiki_editor
ライン 136: ライン 136:
     * 「GET THROUGHPUT」ボタンを押下して、HDT-201Aに格納されているHDD転送性能特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。     * 「GET THROUGHPUT」ボタンを押下して、HDT-201Aに格納されているHDD転送性能特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。
   * **8. 応答時間分布特性の表示**   * **8. 応答時間分布特性の表示**
-    * 転送表示シート(Throughput)に切り替えます。+    * 応答時間分布特性表示シート(Profile)に切り替えます。
     * 「Address」欄をネットワークに接続したHDT-201AのIPアドレスに設定します。     * 「Address」欄をネットワークに接続したHDT-201AのIPアドレスに設定します。
     * 「GET PROFILE」ボタンを押下して、HDT-201Aに格納されているHDD応答時間分布特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。     * 「GET PROFILE」ボタンを押下して、HDT-201Aに格納されているHDD応答時間分布特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。
ライン 237: ライン 237:
     * 「GET THROUGHPUT」ボタンを押下すると、その時点でHDT-201Aに格納されているHDD転送性能特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。     * 「GET THROUGHPUT」ボタンを押下すると、その時点でHDT-201Aに格納されているHDD転送性能特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。
   * **8. 応答時間分布特性の表示**   * **8. 応答時間分布特性の表示**
-    * Sheet3:転送表示シート(Throughput)に切り替えます。+    * Sheet3:応答時間分布特性表示シート(Profile)に切り替えます。
     * 単位アクセスが完了すると、自動的にExcelシートにデータは取得され、その対応するグラフも表示されます。     * 単位アクセスが完了すると、自動的にExcelシートにデータは取得され、その対応するグラフも表示されます。
     * 「GET PROFILE」ボタンを押下すると、その時点でHDT-201Aに格納されているHDD応答時間分布特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。     * 「GET PROFILE」ボタンを押下すると、その時点でHDT-201Aに格納されているHDD応答時間分布特性データをExcelシートに取得し、取得データをグラフに表示します。
jp/hdt/test-script.txt · 最終更新: 2015/12/03 15:37 by wiki_editor

ページ用ツール