ユーザ用ツール

サイト用ツール


jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config [2016/06/15 12:01]
wiki_editor [5.1 シャットダウン時のパワーオフ用設定]
jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config [2019/12/11 19:01] (現在)
wiki_editor
ライン 3: ライン 3:
  
 <​html>​ <​html>​
-<span style="​color:​red;">​Raspbian Jessie対応</​span>​ (2016.03.22)+<span style="​color:​red;">​Raspbian Jessie対応</​span>​ (2016.03.22)<​br>​ 
 +<span style="​color:​red;">​Raspbian Stretch/​Buster対応</​span>​ (2019.12.10)
 </​html>​ </​html>​
 ---- ----
ライン 66: ライン 67:
 OSがシャットダウンする際に、RPiがGPIO#​4(RPi P1-7, RPi-B+/RPi2 J8-7)を2sec程度、Low:0とすることで、RPi-PWR2 mini上のコントローラ(PIC 12F629)はパワーオフシーケンスを起動します。シーケンスが開始されると一定時間後に、RPi-PWR2 mini上のコントローラはPower MOS FETを制御してRPiへの電源供給を停止します。 OSがシャットダウンする際に、RPiがGPIO#​4(RPi P1-7, RPi-B+/RPi2 J8-7)を2sec程度、Low:0とすることで、RPi-PWR2 mini上のコントローラ(PIC 12F629)はパワーオフシーケンスを起動します。シーケンスが開始されると一定時間後に、RPi-PWR2 mini上のコントローラはPower MOS FETを制御してRPiへの電源供給を停止します。
  
-__Raspberry Piの設定:__\\ +====5.2 対応OS=====
-Raspberry Pi OS:​Raspbianは、現在以下のバージョンが提供されています(2016.3)。 +
-  - Wheezy +
-  - Jessie +
-以下に、各バージョン用の設定を紹介します。\\+
  
-===5.1.1 Wheezy用設定=== +RPi-PWR2 mini サポートする、Raspberry PiボードとOSの対応表を以下掲げます。
-RPi OS(Wheezy)のシャットダウンシーケンスRPi GPIO#​4を操作するよう設定します。\\+
  
-__手順:__\\ +^               ​^ ​ wheezy ​     ^  Jessie ​     ^  Stretch ​    ​^ ​ Buster ​     ^ 
-以下のリンクからシェルスクリプト:powerdown-gpio.shをダウンロードします。\\ +| Release Name  |  2015-05-05  |  2017-07-05 ​ |  2019-04-04 ​ |  2019-09-26 ​ | 
-下記の例では、Raspberry ​Piでwgetを実行してファイルをダウンロードしています。\\ +|  ​Pi 1/Pi 1+   ​| ​ ✔          |   ​✔ ​        ​| ​  ​✔ ​        ​| ​  ​✔ ​        | 
-尚、シェルスクリプトのダウンロードにはパスワードが必要です(下記のwgetでは<​PASSWD>​)。\\ +|  Pi 2         ​| ​ ✔          |   ​✔ ​        ​| ​  ​✔ ​        ​| ​  ​✔ ​        | 
-必要なアカウント(ユーザ名)およびパスワードは、(A)購入商品に同梱されている「はじめにお読み下さい」に印刷されているか、(B)製品購入者にメールで送られているので、それを使用します。\\+|  Pi 3         ​| ​ ✘          |  ​(       ​|  ​(       ​|  ​(       | 
 +|  Pi 3+        |  ✘          |  ✘          |  (✔)        |  (✔)        | 
 +|  Pi 4         ​| ​ ✘          |  ✘          |  ✘          |  (未検証) ​   | 
 +|  制御方式 ​     |  SysVinit ​   |  systemd ​    ​| ​ systemd ​    ​| ​ systemd ​    |
  
-参考:[[http://​www.ladybugsystems.com/​supports/​customer/​rpi/​rpi-pwr2-mini/​powerdown-gpio.sh|powerdown-gpio.shのリンク]]\\+各OSには複数ディストビューショがありますが、基本的には最終のディストリビューションで検証しています。\\ 
 +Raspberry PiボードとOSの各ディストリビューションの詳細な対応表は以下を参照して下さい。
  
-<code bash> +参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Raspbian
-$ cd +
-$ mkdir rpi-pwr +
-$ cd rpi-pwr +
-$ pwd +
-/​home/​pi/​rpi-pwr +
-$ wget --http-user=rpi-pwr2-mini --http-passwd=<​PASSWD> ​ http://www.ladybugsystems.com/supports/​customer/​rpi/​rpi-pwr2-mini/​powerdown-gpio.sh +
-$ sudo cp powerdown-gpio.sh /​etc/​init.d +
-$ cd /​etc/​init.d +
-$ sudo chmod 755 powerdown-gpio.sh +
-$ sudo chown root:root powerdown-gpio.sh +
-$ sudo update-rc.d powerdown-gpio.sh defaults +
-</code>+
  
-\\ +<​html>​ 
-次にエディタで/etc/init.d/​haltを修正(「modify start」~「modify end」の5行追加)。次の例でnano編集していま。 +<span style="​color:​red;">​注意:RPi-PWR2を、Raspberry Pi 3/3+/4に装着て使用ること可能ですが、</span><br
-<code bash> +<span style="color:red;">​   消費電流に注意してご使用下さい。ご使用に関しては自己責任でお使い下さい。<​/span>  
-$ sudo nano halt +</html>
-</code+
-<code bash> +
-do_stop () { +
- ​..... +
- ​..... +
-//--- modify start --- +
-        # Send powerdown signal to RPi-PWR via GPIO +
-        if [ "​$INIT_HALT" ​= "POWEROFF" ​] && [ -x /etc/​init.d/​powerdown-gpio.sh ] +
-        ​then +
-                sudo /etc/​init.d/​powerdown-gpio.sh +
-        fi +
-//--- modify end ---+
  
-        # See if we need to cut the power. +( )で括った(✔)は、電流値がRPi-PWR2の定格以下なら動作することを示しています。\\ 
-        if [ "​$INIT_HALT"​ = "​POWEROFF"​ ] && [ -x /etc/init.d/​ups-monitor ] +基本的には、Raspberry Pi本体だけでは動作すると考えますが、Raspberry PiのUSB端子の消費電流を含めた総消費電流がRPi-PWR2の定格を超えないようにご注意下さい(電源アダプタ接続の仕様がUSB入力の場合は1.8A、DC Jack入力の場合は2.0A)。
-        then +
-                /etc/init.d/​ups-monitor poweroff +
-        fi +
-</​code>​+
  
-__シャットダウン時のオートパワーオフの確認__\\ +RPi-PWR2を操作する制御方式は「SysVinit」「systemd」ありOSディストリビューに対応した方式でインストールする必要あります。
-<code bash> +
-$ sudo shutdown ​-h now +
-</​code>​ +
-正常powerdown-gpio組み込まれ、シャットダウが行なわれれば、RPiのACT LED(SDカードアクセス)が点滅した後、RPiのPWR LED消灯します(電源供給も停止) +
-----+
  
-===5.1.2 Jessie用設定=== +====5.3 ソフトウェアインストール=====
-RPi OS(Jessie)のシャッンシーケンスでRPi GPIO#​4を操作するように設定します。\\ +
-JessieではWheezyと異なり、systemdを用いたシステム管理を採用しています。+
  
-__手順:__\\ +PRi-PWR2ボードとOSディストビューション毎にインストール方法が異なります。\\ 
-以下のリンクからシェルクリプ:powerdown-gpio.shをダウンロドします。\\ +下のンクンストール手順に従い設定して下さい。
-例では、Raspberry Piでwgetを実行してファイルをダウロードしています。\\ +
-尚、シェルスリプトダウロードにはパワードが必要です(下記のwgetでは<​PASSWD>​)。\\ +
-必要なアカウン(ユザ名)およびパスワードは(A)購入商品に同梱されいる「はじめにお読み下さい」に印刷されているか、(B)製品購入者にメールで送られているので、それを使用します\\+
  
-参考:[[http://​www.ladybugsystems.com/​supports/​customer/​rpi/​rpi-pwr2-mini/​powerdown-gpio.sh|powerdown-gpio.shのリンク]]\\+■ RPi-PWR2 mini
  
-<code bash> +・Wheezy ​ [[jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config-1|( c-1) インストル : SysVinit]]\\ 
-$ cd +・Jessie ​ [[jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config-2|c-2) インストール ​: systemd]]\\ 
-$ mkdir rpi-pwr +・Stretch ​[[jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config-2|( c-2) イストール : systemd]]\\ 
-$ cd rpi-pwr +・Buster ​ [[jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config-2|c-2インスール ​: systemd]]\\
-$ pwd +
-/​home/​pi/​rpi-pwr +
-$ wget --http-user=rpi-pwr2-mini --http-passwd=<​PASSWD> ​ http://​www.ladybugsystems.com/​supports/​customer/​rpi/rpi-pwr2-mini/powerdown-gpio.sh +
-$ sudo chmod 755 powerdown-gpio.sh +
-$ sudo chown root:root powerdown-gpio.sh +
-</​code>​ +
- +
-次に、以下のリンクからsystemd用設定ファル:rpi-shutdown.serviceをダウドします。\\ +
- +
-<code bash> +
-$ pwd +
-/​home/​pi/​rpi-pwr +
-$ wget --http-user=rpi-pwr2-mini --http-passwd=<​PASSWD> ​ http://​www.ladybugsystems.com/​supports/​customer/​rpi/rpi-pwr2-mini/​rpi-shutdown.service +
-$ sudo chmod 755 rpi-shutdown.service +
-$ sudo chown root:root rpi-shutdown.service +
-</​code>​ +
- +
-\\ +
-次にsystemdでサービスを組み込みます。 +
- +
-<code bash> +
-$ sudo mv rpi-shutdown.service /​etc/​systemd/​system/​rpi-shutdown.service +
-+
-$ sudo systemctl enable /​etc/​systemd/​system/​rpi-shutdown.service  +
-</​code>​ +
- +
-__シャットダウン時のオートパワーオフの確認__\\ +
-<code bash> +
-$ sudo shutdown -h now +
-</​code>​ +
-正常にpowerdown-gpioが組み込まれ、シャットダウンが行なわれれば、RPiのACT LED(SDカードアクセス)が点滅した後、RPiのPWR LEDが消灯します(電源供給も停止)。 +
- +
----- +
-====5.ソフト電源オフ用設定==== +
-__ソフト電源オフとは__:\\ +
-RPi OSが稼働中にRPi-PWR2 mini上の電源SWを操作して、RPi OSを正常にシャットダウンさせ、先に設定したシャットダウン時のパワーオフを実行します。\\ +
- +
-※ソフト電源オフ機能は、前述の「3. シャットダウン用設定」が正しく実施されている必要があります。\\ +
- +
-__ソフト電源オフの仕組み__:\\ +
-RPi-PWR2 miniは通電中にボード上の電源SWを1-2sec程度、押下(スイッチオン)とすることで、ユーザのソフト電源オフ要求を受け付けます(JP1:拡張電源ボタンを取付けて、同様の動作が可能です)。\\ +
-この後、RPi-PWR2 miniはシャットダウン要求シーケンスとなり、GPIO#​17(RPi P1-11, RPi-B+/RPi2 J8-11)をLow:0とします。\\ +
-RPiはOSの起動時に開始してあるシャットダウン要求検出機能で、定期的にGPIO#​17をモニタし、RPi-PWR2 miniからのシャットダウン要求を検出します。\\ +
-RPiはシャットダウン要求を確認すると、OSのシャットダウンを開始し、前述のシャットダウン時のパワーオフが実行されます。\\ +
- +
-__Raspberry Piの設定__:\\ +
-RPi OS(Wheezy, Jessie)のシャットダウン要求検出機能を開始するよう起動スクリプトをOSに組み込みます。\\ +
-OSの起動スクリプト:rc.localに提供するスクリプト:wait-for-shdn-req.shを組込みます。\\ +
- +
-__手順__:\\ +
-以下のリンクからシェルスクリプト:wait-for-shdn-req.shをダウンロードします。\\ +
-下記の例では、Raspberry Piでwgetを実行してファルをダウロードしています。\\ +
-尚、シェルクリプのダウンロードにはパスワードが必要です(下記のwgetでは<​PASSWD>​)。\\ +
-必要なアカウント(ユーザ名)およびパスワードは、(A)購入商品に同梱されている「はじめにお読み下さい」に印刷されているか、(B)製品購入者にメールで送られているので、それを使用します。\\ +
- +
-(※)この例では、シェルスクリプト:wait-for-shdn-req.shは/​home/​pi/​rpi-pwrに置く前提で記しています。もし異なる位置に置く場合は、下記のrc.localの記述を対応する位置に変更して下さい。\\ +
- +
-参考:[[http://​www.ladybugsystems.com/​supports/​customer/​rpi/rpi-pwr2-mini/wait-for-shdn-req.sh|wait-for-shdn-req.shのリ]]\\ +
- +
-<code bash> +
-$ cd /​home/​pi/​rpi-pwr +
-$ pwd +
-/​home/​pi/​rpi-pwr +
-$ wget --http-user=rpi-pwr2-mini --http-passwd=<​PASSWD> ​ http://​www.ladybugsystems.com/​supports/​customer/​rpi/rpi-pwr2-mini/​wait-for-shdn-req.sh +
-$ sudo chmod 755 wait-for-shdn-req.sh +
-$ sudo chown root:root wait-for-shdn-req.sh +
-</​code>​ +
- +
-/​etc/​rc.localの最後のexit 0の直前に以下の1行を加えます。 +
-<code bash> +
-$ cd /etc +
-$ sudo nano rc.local +
-</​code>​ +
- +
-<code bash> +
-cd /​home/​pi/​rpi-pwr;​ ./​wait-for-shdn-req.sh & +
-exit 0 +
-</​code>​ +
- +
-設定を反映させるために、一度再起動します。\\ +
-<code bash> +
-$ sudo shutdown -r now +
-</​code>​ +
----- +
-__ソフト電源オフのテスト__\\ +
-RPi-PWR2 miniの電源SW(PUSH SW:S1)を約1-2秒押下し、スッチを離します。\\ +
-RPiのシャットダウンシーケンスが起動します(コンソールが接続されていれば"​SHUT DOWN NOW *****"​と表示)。\\+
  
-※5秒以上、RPi-PWR2 miniのS1を押下し続けると、強制電源オフとなるので注意する事。\\ 
  
 ---- ----
jp/rpi/rpi-pwr2/mini/config.1465959675.txt.gz · 最終更新: 2016/06/15 12:01 by wiki_editor

ページ用ツール