ユーザ用ツール

サイト用ツール


jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config [2019/12/10 23:37]
wiki_editor
jp:rpi:rpi-pwr2:mini:config [2019/12/11 19:01] (現在)
wiki_editor
ライン 84: ライン 84:
  
 参考:https://​en.wikipedia.org/​wiki/​Raspbian 参考:https://​en.wikipedia.org/​wiki/​Raspbian
 +
 +<​html>​
 +<span style="​color:​red;">​注意:RPi-PWR2を、Raspberry Pi 3/​3+/​4に装着して使用することは可能ですが、</​span><​br>​
 +<span style="​color:​red;">​   消費電流に注意してご使用下さい。ご使用に関しては自己責任でお使い下さい。</​span>​ 
 +</​html>​
  
 ( )で括った(✔)は、電流値がRPi-PWR2の定格以下なら動作することを示しています。\\ ( )で括った(✔)は、電流値がRPi-PWR2の定格以下なら動作することを示しています。\\
-基本的には、Raspberry Pi本体だけでは動作すると考えますが、Raspberry PiのUSB端子の消費電流を含めた総消費電流がRPi-PWR2の定格を超えないようにご注意下さい。+基本的には、Raspberry Pi本体だけでは動作すると考えますが、Raspberry PiのUSB端子の消費電流を含めた総消費電流がRPi-PWR2の定格を超えないようにご注意下さい(電源アダプタ接続の仕様がUSB入力の場合は1.8A、DC Jack入力の場合は2.0A)
  
 RPi-PWR2を操作する制御方式には「SysVinit」「systemd」があり、OSディストリビューションに対応した方式でインストールする必要があります。 RPi-PWR2を操作する制御方式には「SysVinit」「systemd」があり、OSディストリビューションに対応した方式でインストールする必要があります。
jp/rpi/rpi-pwr2/mini/config.txt · 最終更新: 2019/12/11 19:01 by wiki_editor

ページ用ツール