ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー


LBS Homepage



Japanase




English



jp:rpi:rpi-pwr:ext-io

(d) ユーザ拡張I/O


6. ユーザ拡張I/O


※ユーザ拡張I/OはオンボードLEDを除き、ユーザが必要に応じて部品を実装する必要があります。
※図中のジャンパ:JP1~JP6のピン番号は、「2.各部名称」 の「□が1ピン」「○が2ピン」です。

RPi-PWRには、ユーザが必要に応じて部品を取り付けて、取り付けたLED、ジャンパ設定、プッシュスイッチをプログラムで操作することができます(標準実装済みのLD1, LD2を除く)。


User LED : LD1, LD2, E-LD


RPi-PWR基板には予めユーザ用の表面実装LED(LD1, LD2)が2個実装されています(回路図ではD3, D4)。

また、シャーシ取付用LEDに接続するための端子(E-LD)が用意されています(回路図ではJP6)。
RPiとRPi-PWRをシャーシに収納する場合などに便利です。

RPi-PWR LEDs RPi-PWR EXT LEDs


User Jumper Block(DIP Switch Settings):JP3、JP4


使用するには、ユーザが部品を用意して半田付けする必要があります。
Raspberry Piにユーザが設定した動作モードを読み込ませる場合などに使用します。扱うビット数は2ビットです。 ジャンパヘッダを半田付けしておくと、設定に応じてジャンパプラグを挿入するなどして、その状態をRaspberry PiのGPIO経由で読み込むことができます。DIP SW代りに使用して、設定に応じてRPiの動作を変更するなどが可能です。

RPi-PWR DIP-SWs


Push Switch:S2、JP5


使用するには、ユーザが部品を用意して半田付けする必要があります。
Raspberry Piにユーザからのタイミング指示情報を通知する場合などに使用できます。
スイッチは基板取付け用のタクトスイッチ(4.5x6.5mm□)が実装できます。
ジャンパヘッダ:JP5は基板上のプッシュスイッチ:S2の代りに、シャーシなどに取付けたスイッチからの配線を接続する場合に使用します。必要のない場合には実装する必要はありません。

RPi-PWR PUSH-SW


Power-On SW Terminal:JP1


RPi-PWR基板には、電源起動に使用する、シャーシ取付用SWに接続するための端子が用意されています(回路図ではJP1)。
SWはモーメンタリスイッチ(押している期間だけオン)のものを使用して下さい。


Power-On LED Terminal:JP2


RPi-PWR基板には、電源オン状態を示すための、シャーシ取付用LEDに接続するための端子が用意されています(回路図ではJP2)。

RPi-PWR PWR LEDs


シャーシへの取付け例


Raspberry Piを組込み向けに使用する場合、RPi-PWRと組み合わせることで、以下のような構成が可能です。

RPi-PWR Extension


GPIO割り当て


Raspberry PiのP1 Header(2×13ピン)のGPIOとRPi-PWR-miniのユーザ用I/Oの対応を以下に示します。

<RPi-PWR-mini Rev.2 & Rev.3> ※最新のRPi-PWRのRevisionはRev.3です。

RaspberryPi P1 pin # RPi-PWR-mini
GPIO18 12 USER PUSH SW(S2,JP5)
GPIO22 15 JP3(JP3)
GPIO23 16 JP4(JP4)
GPIO24 18 LD1 (D3)
GPIO25 22 LD2 (D4)
GPIO7 26 E-LD (JP6)

<RPi-PWR-mini Rev.1>  ※2013年6月発売のモデルです(DC6V入力タイプ)。

RaspberryPi P1 pin # RPi-PWR-mini
GPIO21 13 PUSH_SW0(S2,JP5)
GPIO22 15 DIP_SW0(SW1-1)
GPIO23 16 DIP_SW1(SW1-2)
GPIO24 18 LED1 (D3)
GPIO25 22 LED2 (D4)

※左からRaspberry PiのGPIO名、P1 Headerのピン番号、対応するRPi-PWR-miniのSWとLED
 右列( )内はRPi-PWR-miniのシルク

※本製品:RPi-PWRをRPiに接続した場合、ユーザはGPIO4およびGPIO17をプログラミング(使用)することができません。
 この2つのピンはRPiとRPi-PWR間の電源制御に使用しています。
  GPIO4はRPiからRPi-PWRにパワーダウン要求を通知します。
  GPIO17はRPi-PWR上の電源ボタンの押下している時間が2秒~5秒未満の時、RPi-PWRからRPiにシャットダウン要求を通知します。
 Raspberry PiのGPIO4およびGPIO17のピン配置はRevision 1とRevision 2とも同じ位置です。

 ※Raspberry Pi Model-Bには2つのRevisionがあります。
   Raspberry Pi Model-BのRev.1とRev.2では、GPIOポートのピンの配列が異なっているので注意して下さい。


参考:Raspberry PiのRev特定のリンク

jp/rpi/rpi-pwr/ext-io.txt · 最終更新: 2015/09/02 11:38 by wiki_editor

ページ用ツール